生成AIパスポートの勉強方法は?結果はいつ発表?【2024年6月最新!】

皆さんこんにちは、ゆずです。

今回は、生成AIパスポートを受験した私の体験をもとに、勉強方法やおすすめの参考書について詳しくご紹介します。生成AIパスポートはAI技術の基礎を身につけるための登竜門的な資格です。

私自身の勉強時間やコツを共有し、皆さんのお役に立てれば幸いです。

それでは、早速見ていきましょう!

目次

生成AIパスポートとは?

生成AIパスポートは、AI技術の基本と生成AIに関する知識を証明する資格試験です。

2024年に入ってから、その注目度はますます高まっています。

生成AIパスポートを取得することで、AI技術の普及と活用に貢献するだけでなく、ビジネスの現場でも大いに役立つスキルを身につけることができます。

生成AIパスポート試験概要

生成AIパスポート試験は、一般社団法人生成AI普及協会(GUGA)が主催しています。

試験はオンラインで実施され、60分間で複数の選択問題とプロンプトに基づく応用問題が出題されます。

問題は基礎知識から応用まで幅広くカバーしており、試験後から1か月以内に結果が通知されます。

サンプル問題はこちらのページで公開されています。

生成AIパスポートの難易度は?

生成AIパスポートの難易度は、初学者向けと言えます。

AIに関する基礎知識があれば、十分に合格を狙えますが、生成AI特有の技術やコンプライアンスに関する知識も必要です。

特に、日本の企業や社会における生成AIの活用事例や法的な注意点についても理解を深めることが重要です。

生成AIパスポートの申し込み方法

生成AIパスポートの申し込みは、GUGAの公式ウェブサイトから行います。

受験登録は簡単で、必要な情報を入力し、受験料を支払うだけで完了します。

試験スケジュールは年3回でIBT方式のため、受験期間内であれば自宅でいつでも受験可能です。

生成AIパスポートのメリット

生成AIパスポートを取得することで、さまざまなメリットがあります。以下にその主なポイントを挙げます。

生成AIの基礎が身につく

生成AIパスポートを取得することで、生成AIの基礎知識がしっかりと身につきます。

これは、AI技術の応用範囲を広げるために非常に重要です。基礎を理解することで、より高度な技術や実務にスムーズに移行することができます。

AI系の職種の就職に有利

生成AIパスポートは、AI関連の企業への就職や転職において大きなアドバンテージとなります。

AI技術は多くの企業で需要が高まっており、この資格を持っていることで、自分のスキルと知識をアピールすることができます。

会社によっては奨励金支給

一部の企業では、生成AIパスポートの取得者に対して奨励金を支給する制度を設けています。

うちの会社でも奨励金が出るので、今回受験してみました!

生成AIパスポートの勉強時間

生成AIパスポートに合格するためには、どのくらいの勉強時間が必要なのでしょうか。以下に、知識レベル別の勉強時間をまとめました。

生成AIの知識ゼロの場合

生成AIの知識が全くない場合、基礎からしっかりと学ぶ必要があります。

この場合、1日1〜2時間の勉強を3ヶ月程度続けることをおすすめします。

最初はAIの基本概念や技術に慣れることから始め、徐々に生成AIの応用に移行していきましょう。

生成AIの基礎知識がある場合

すでにAIに関する基礎知識がある場合は、生成AIに特化した勉強に集中することができます。

この場合、1日1時間程度の勉強を1〜2ヶ月続けることで合格ラインに到達することが可能です。

私の場合は、G検定を取得していましたので1日1時間の1週間程度で十分でした。

G検定の対策についてはこちら👇にまとめています。

最短で生成AIパスポートに合格するには?

最短で生成AIパスポートに合格するためには、効率的な学習方法と徹底的な演習が鍵となります。

効果的な学習計画を立てるためには、以下のステップを参考にしてください。

STEP
テキストを読み込む

まずは、公式テキストやおすすめの参考書をしっかり読みましょう。AIの基礎知識や生成AIの基本を理解することが大切です。

STEP
模擬試験を解く

次に、模擬試験を解いてみましょう。これで試験の出題傾向や問題の形式に慣れることができます。

STEP
苦手分野を特定する

過去問を解いた後は、間違えた問題を分析して、どの分野が苦手かを把握します。自分の弱点を明確にしましょう。

STEP
重点的に演習する

苦手な分野が分かったら、その部分を重点的に演習します。関連する問題を繰り返し解くことで、苦手を克服しましょう。

STEP
復習と改善を繰り返す

最後に、学習の中で間違えた問題や理解が不十分な部分を復習し、何度も繰り返して改善します。模擬試験も定期的に受けて、自分の成長を確認しましょう。

この方法を実践することで、効率よく知識を身につけ、最短で合格を目指すことができるでしょう。

生成AIパスポートの学習におすすめの参考書

生成AIパスポートの学習には、以下の参考書がとても役立ちました!

「生成AIパスポート テキスト&問題集」

このテキストは、生成AIパスポート試験の全範囲をカバーしており、実践的な模擬試験も収録されています。理解を深めるための解説も充実しており、初学者にもおすすめです。

私はこのテキストを使って学習しましたが、基礎から応用までしっかりカバーされているのでとても役立ちました。各章の終わりに練習問題があり、理解度をチェックできるのが良かったです。特に模擬試験では実際の試験形式に慣れるのに最適です。解説もわかりやすく、独学でも十分に理解できました。

「生成AIパスポート公式テキスト 第2版」

公式テキストは、試験範囲の詳細な解説と最新の情報が含まれており、試験対策には欠かせない一冊です。

特に、公式の出題傾向を把握するのに役立ちます。

公式テキストは信頼性が高く、試験に直結する情報が満載です。また、最新の技術やトピックスもカバーされているので、常に最新の知識を学ぶことができます。私はこのテキストを中心に学習を進め、実際の試験でも多くの知識が役立ちました。

GUGA公式 AIクイズアプリ

GUGA AIクイズアプリは、スマートフォンで手軽に学習できるアプリです。隙間時間を有効活用できるため、忙しい方にも最適です。AIに関するクイズ形式で、楽しく学べるのが魅力です。

GUGA AIクイズアプリは、通勤時間や休憩時間などのスキマ時間を活用して学習できるので非常に便利です。クイズ形式なので、ゲーム感覚で楽しく学習を進めることができました。問題のバリエーションも豊富で、飽きずに続けられます。また、解説も丁寧なので、間違えた問題をしっかり復習できました。

GUGAクイズはLINEから利用できます。LINEお友達登録はこちらから👇

SIGNATE 生成AIパスポート対策講座

SIGNATEが提供する対策講座は、オンラインで受講できるため、時間や場所を選ばずに学習できます。

動画解説が分かりやすいと評判で、実践的な知識を身につけることができます。

1講座2,200円から購入できます!

今回、私は利用していませんが、参考書だけでは不安・・・という方は、オンライン講座を受講してみることをおススメします。

生成AIパスポートの当日受験体験記

試験当日の流れや注意点を知ることも重要です。ここでは、私の受験体験を共有します。

受験前の注意点

試験前日はしっかりと休息を取り、リラックスした状態で試験に臨むことが大切です。また、受験方法を事前に確認し、準備を整えておきましょう。

試験当日の流れ

試験当日は、指定された期間にマイページにログインし、試験ページにアクセスします。

公式サイトの「試験当日の流れ」をチェックしておきましょう。

試験は60分間で、全ての問題に集中して取り組みましょう。後から見直すボタンを押して、分からない問題はどんどん飛ばして解いていきましょう。

IBT受験に必要な機器と受験環境

パソコンやスマートフォン等のインターネットに接続された機器(受験者にてご準備ください)

以下の点に注意しましょう!下記に該当すると失格となります。
・必要物以外を持込、使用した場合
・デュアルディスプレイ、複数モニターを使用した場合
・試験実施内容の録音、録画、ライブ配信を行なった場合
・IBT受験ページ以外のWebページを閲覧した場合
・ブラウザ以外のアプリケーションを使用した場合
・試験内容をメモした場合
・試験に関して知り得た情報の複製、第三者への開示、漏えいをした場合
・試験中に飲食、喫煙をした場合
・試験中に途中退席をした場合
・試験中に会話をした場合
・試験終了ボタンを押す前に画面を閉じた場合
・第三者へ助言を行ったまたは助言を受けた場合
・受験申込者以外の人物が代わりに受験した場合
・不正行為を行った場合あるいは疑わしい行為が判明した場合
・その他、試験における一般的な注意事項に該当する行為を行なった場合

受験の際、試験官はおらず、身分証などの確認もありません。

AWSクラウドプラクティショナーを受験した際は、受験環境の確認が厳しく、デスク上に物がないか、本類が布で覆われているかなどのチェックもあったので、その時と同様にしていましたが、そのような確認はありませんでした。

また、デュアルディスプレイはNGですので、モニターは外して、布で覆っていました。

「受験を開始する」を押すと、すぐにスタートされますのでご注意ください。

生成AIパスポートを受験しての感想

私が受験して感じたことは、事前準備と地道な学習が合格への鍵だということです。

問題は4択ですが、複数選択式の問題もあり、付け焼き刃では合格できません。当日、複数選択式の問題が出て焦りましたが、基礎が身についていれば大丈夫です。

試験内容は幅広く、実践的な問題も含まれますが、しっかりと勉強すれば必ず合格できます。

私の場合は、模擬試験で9割を解けるようになってから受験しました。

生成AIパスポートの合格発表はいつ?

受験してから1か月以内に公式サイトにて通知されます!

私も合格発表が出たら結果を公開します。

生成AIパスポートを勉強する際のポイント

効果的に学習を進めるためのポイントをいくつか紹介します。

合格までに必要な1日の勉強時間を知る

自分の生活リズムに合わせて、無理のない範囲で1日の勉強時間を設定しましょう。

短期間で合格を目指す場合は、1日2〜3時間を目安に学習することをおすすめします。

インプット・アウトプットを繰り返す

知識を定着させるためには、インプットとアウトプットを繰り返すことが重要です。参考書を読んだ後は、問題を解いて理解度を確認しましょう。

スキマ時間を有効活用する

通勤時間や休憩時間などのスキマ時間を有効に活用することで、効率よく学習を進めることができます。

GUGA AIクイズアプリなどを活用すると良いでしょう。

まとめ

生成AIパスポートは、AI技術の基礎を学び、実務に活かすための重要な資格です。

適切な参考書と効率的な勉強方法を活用することで、合格への道は開かれます。皆さんもぜひ挑戦してみてください。

今回の情報が皆さんの役に立てば幸いです。これからも一緒に学び、成長していきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次